QUESTION

オリジナルの牛肉、どの程度まで対応可能?

KAMICH!KU ANSWER

肉牛の生産から、最後の加工まで。
ニーズに対応できる、製造・加工技術。
無いなら作る、それがカミチクスタイル。

牛のエサづくりから、最後の加工まで一貫して行うカミチクには、お客様のニーズに応えるための技術が集結しています。
今となっては外食店で見かけなくなった「ユッケ」も、徹底した品質管理を行うことで、お客様に提供できるシステムを構築。
牛肉づくりにおいて、決して「NO」とは言わない。それがカミチクのプライドです。

世界規準の安全・安心体制

「パック加工まで一貫処理!」

カミチクは鹿児島食肉センター内に、と畜から最終加工まで一貫処理するラインを設置。
肉が衛生区域外に一度も出ないため、新鮮な状態のまま加工処理ができます。
そうすることで、スライスパックの状態で海外への輸出も可能となっております。

プロのカット技術

プロのカット技術
アウトパック(左)・スキンパック(右)

カミチクのプロフェッショナルなカット技術は、お店のさまざまな問題解決に、きっと役立ちます。たとえば、アウトパックやスキンパックは、お店でそのまま使えてたいへん便利です。

扱いやすい納品形態

扱いやすい納品形態
ホルモン個食パック

新鮮なホルモンを小分けで提供が可能です。従来1頭単位など大きな単位でしか提供できなかったホルモンを、個食ニーズに合わせて少量パックで提供できます。

生食

生食


2012年9月5日付けで鹿児島県初の生食対応工場として許可を受け、ユッケや牛たたきなどが提供可能になりました。

ハラール対応ビーフ

ハラール対応ビーフ


ムスリムの方にも食事を楽しんでいただけるようハラール対応の牛肉製造にも取り組み、認証機関が認定した『ハラールマーク』を表示しています。

ISO22000

カミチクの衛生管理は世界規準!

2010年6月、カミチクグループとして錦江ファーム金峰農場・TMRセンター・カミチク本社・加工センターという、農場・エサづくりから加工・販売まで、ISO22000を取得しています。
カミチクは世界規準の安全・安心体制をめざしています。