使命感とは「この世の中に生まれてきた理由」私が大好きな言葉で、大事にしている言葉。

カミチク誕生秘話

親父とお袋が畜産農家で、そこに悪ガキ3人組がいた。私がその中の次男坊。
うちの親父はすごく前向きな人間で、農業に誇りを持っていた。
「農業は、人の命の源を作るすごい仕事だ」と教育された。しかし、儲からない。
「今は儲からなくても、親父の代で叶えられないことを兄弟3人で力を合わせて叶えて欲しい。長男坊はたくさんの牛を飼え。次男坊は兄貴が作った牛をしっかり売れ。三男坊はそのお肉に付加価値を付けるために外食産業をやれ。」
今で言う6次化事業体の話を55年前からしていた。しかも具体的に、前向きに明るく元気に。
これがそのまま形になったのがカミチクであり、我々のルーツは畜産農家である所以。

カミチク誕生秘話

上段左から次男(上村代表)、三男、長男、下段右が父


カミチクの未来

我々が作り上げてきた6次化事業体を深堀りしないといけない。
エサをつくるところ、牛をつくるところ、お肉を処理するところ、直販の中のスーパーマーケットの質を上げる、外食店舗を増やしながらお客様が喜んでたくさん来てくれる仕組みひとつひとつを深める。
まずは日本の国内でそれをやる。そして、将来的にこのビジネスモデルを世界に持ち出す。
小さな小さな畜産農家の悪ガキだった次男坊が作った会社が大きくなってきた。
最初は鹿児島、今では少しばかり日本の中では食肉業界・畜産業界に名が知れてきた。
我々は世界のカミチクになる。


理想のリーダー像

しっかりとした体制・仕組みを作り上げ、そして存在を忘れられるような人間になりたい。
私がいなくても、みんなが自発的にいろんなことをできる仕組みを作っていく。


皆に伝えていること

使命感・企業理念・教育方針。
社員たちにとっては、「また同じことを言っている」と思うかもしれないが、みんなが腹に落として行動に移らないといけない。
やればできるの精神は、私の体験の元に言っている。徹底できていないところを見ると、じれったくて悔しい思いもする。それでも私はかまけずに、いろんな場面で声掛けしていく。
使命感は、私が大好きな言葉で、大事にしている言葉。使命感とは「この世の中に生まれてきた理由」。
一生懸命頑張って生きてきた中で、40歳後半くらいから使命感を感じるようになった。
私の使命感は、「農業を通して、私と関わる全ての人と一緒に幸せになること」。
みんなにも自分の使命感を感じられるような生き方をしてもらいたい。


ヤル気スイッチを入れる

うちの社員たちは明るくて前向きな子が増えている。私の存在は無くてもいいのかなと思うくらい。
みんなヤル気がある。
私は、「ヤル気スイッチが入った」という言葉が好きで、ヤル気スイッチが入るための球をたくさん投げることが私の仕事だと思っている。
社員たちは自己成長する。決して私が成長させるものではない。
球をたくさん投げることで、社員たちがそれをしっかりと受け止めて、自分たちで勝手に成長してくれる。これを見る場面がすごく面白い。

上村会長

代表の休日

休みを取るのは正月の1日と2日のみ。好きでやっていることだから、何もストレスは無い。
土日に農場を回ることはすごく息抜きになる。
朝5時頃に起きて、7時くらいから農場を回る。一頭一頭の牛に挨拶をして、話をする。
「どうした?ちょっと疲れてないか?」とか、「元気があっていいな!」とか。
周りの人から見たら、変な人に見えるかもしれない。
元気な牛はニコッと笑ってくれるし、元気の無い牛はシュンとしている。
そこらあたりを管理してる人間同士で共有しながら確認していく。
そうやってずっと回っていると、2〜3時間はかかる。
それでも全然きつくないし、楽しい。
家に帰ってきてシャワーを浴びて、一息つく時に、元気が蓄積されている。そこで牛たちから元気を貰い、私は根っからの畜産農家だということに気付く。

上村会長

上村代表の一日

スケジュール

上村会長

採用情報

新卒採用
新卒採用

中途採用

パート・アルバイト採用
会長メッセージ
会長メッセージ
若手社員の声
若手社員の声

カミチクのイベント