崔 昊天 cui haotian

  • 所属: 株式会社カミチク
  • 職種: 海外営業
  • 入社年: 2018年
  • 出身: 中国

世界各国に取引先がある会社
「世界のカミチク」

世界で仕事がしたい」という思いで、中国の広州から熊本の高校に入学。大学卒業までを熊本で過ごしました。
入社の決め手は、カミチクグループが世界各国に取引先があること。ちょうど香港に「鹿児島焼肉Beefar’s」がオープンしたころでした。
3カ月の新人研修では、各部門をまわって現場を学びます。社員教育にも力を入れていて、入社3年目までは役員や同期とディスカッションをする「未来塾」があり、業務時間外には「英会話教室」も開催されています。新人研修後、希望が叶って現在の部署である海外営業課に配属されました。

やる気のある社員に
どんどんチャンスを与えてくれる

カミチクグループは、若手であってもやる気のある社員にどんどんチャンスを与えてくれる会社です。
私は3カ月の新人研修を経て、すぐに香港出張を経験させていただきました。それから、ベトナムに3カ月間滞在し、研修を受けたことも。海外営業課は若手社員が多く在籍。中国、ベトナムと出身国もさまざまで、オーストラリアからの帰国子女の方もいます。グローバルな部署ですが、自分の意見を言いやすい環境ですし、コミュニケーションにおいてもまったく問題ありません。

やる気のある社員に
どんどんチャンスを与えてくれる

カミチクグループは、若手であってもやる気のある社員にどんどんチャンスを与えてくれる会社です。
私は3カ月の新人研修を経て、すぐに香港出張を経験させていただきました。それから、ベトナムに3カ月間滞在し、研修を受けたことも。海外営業課は若手社員が多く在籍。中国、ベトナムと出身国もさまざまで、オーストラリアからの帰国子女の方もいます。グローバルな部署ですが、自分の意見を言いやすい環境ですし、コミュニケーションにおいてもまったく問題ありません。

海外のお客様に
カミチクの和牛のよさを伝える仕事

仕事をしているときは「お客様の立場になって考えること」を大切にしています。迷ったときは自分がお客様だったら、と考えて判断します。
最近、嬉しかったのは、香港で新規のお客様を獲得できたこと。何度もホテルのシェフのもとへ足を運び、和牛の魅力をお伝えしました。お肉の部位の優れた点を具体的にお伝えするために、切り方をプレゼンすることも。
海外では和牛というと「口の中でとける柔らかいお肉」というイメージを持たれていますが、個人的には噛みしめるほどに濃厚な肉の味わいが楽しめる赤身をおすすめしています。

この業種の募集をみる

先輩インタビュー

カミチク各部門の現場の声をご覧ください。

株式会社カミチクファーム
TMRセンター


飼料製造 責任者

宮内 靖弘

2008年 / 鹿児島出身

株式会社ビースマイルプロジェクト
炭火焼肉 ホルモン 丹田


ホールスタッフ

倉本 ありす

2018年 / 茨城出身

株式会社カミチクファーム
金峰農場


牛の育成

中村 温美

2017年 / 福岡出身

株式会社カミチク
製造1課


部分肉加工

有村 章太郎

2004年 / 鹿児島出身

株式会社伊佐牧場
チーズ工房


チーズ製造・販売

北野 桃子

2019年 / 三重出身

株式会社ビースマイルプロジェクト
特撰黒毛和牛専門店 薩摩 うしのくら


店長

那須野 泰裕

2014年 / 青森出身